三芳の森病院

メモリー外来

文字サイズ
標準
大きい
最大

気になるメモリー障害(物忘れ)とは

  • 誰でも年齢を重ねれば、物忘れは起こるようになりますがその中には服用中の薬や、うつ病で生じるものもありますし高齢者では、認知症の前触れ症状である可能性もあります。
  • 原因がある物忘れでも、アルツハイマー型認知症は前触れの段階で発見できれば、治療で症状を良くすることも可能です。また、脳血管障害やパーキンソン病など、その他の病気の物忘れでも早期発見や適切な治療で、改善することもあります。
  • そこで物忘れが気になった時、正常加齢に伴うものか、何らかの原因があって、治療を必要とするものかを早めに見極めるのが望ましいわけです。
 

こんな症状の方は受診をおすすめします。

  • 最近物忘れが目立ってきた。
  • 慣れた仕事や家事にミスがある。
  • 怒りっぽくなったり、疑い深くなった。
  • どこに何をしまったか忘れて、年中探す。
  • 同じことを何度も繰り返し聞く。
  • 趣味などに興味を持たなくなった。
  • 買い物に行き、同じものを何度も買う。
  • 時間や場所、季節の感覚が遠のいた。
  • 身なりに気を使わなくなった。
  • 食事をとった事を忘れる。
  • 通り慣れている道が分からなくなる。
  • 家族や親戚の顔や名前が出てこない。
  • 火の消し忘れ、水道の出し放しが増えた。
  • 夢見がちの言動が増し、体動が遅くなった。

当院メモリー外来の特徴

  • 当院では、神経内科と精神科の専門医、臨床心理士、看護師、作業療法士、精神保健福祉士などがチームを作って対応し、症状の詳細な診察と、脳画像や脳波、各種心理検査を行って、総合的に診断します。
  • 症状が重くなったときは、療養相談や各種申請書の作成もお手伝いします。
  • 正確な診断や治療法について、かかりつけ医からのご紹介にも応じています。

気になることがあれば、お気軽に相談に来て下さい。

▲TOP